梅 田 界 隈 

   

昭和29年4月 梅田・現在の阪神百貨店の場所辺り(?)
父が単身、フィリピン・マニラ駐在員として大阪を発つ時のもの
左写真:左は「日本國際見本市」の開催モニュメント
  大阪で戦後初めて開かれた国際見本市で会場は朝汐橋
右写真:森永の広告塔の右面は「明日の天気」   
  右の広告塔の右に大阪市電が写っている

敗戦後の日本に対する強烈な悪環境のマニラに、
某商社の戦後初の駐在員として赴いた。わたしが
小学6年の時である。2回目は中学3年の時で、
いずれも卒業・進学という時期であった。


1994(平成6)年に発行されたその会社のOB会誌に、
当時の思い出を寄せている。それを以下に引用する。

「素晴らしく美しい 荘厳なマニラ湾の夕陽」

 1951(昭和26)年、米国桑港で9月8日に対日講和条約(ソ連を除く48ヵ国と)が
吉田茂総理大臣らによって調印された。1952年4月28日には、日本国は戦後の独立
を回復した。日ソ国交回復共同宣言は1956(昭和31)年10月にMoscowで調印され、
日ソ国交が回復した。                              
 40年もの昔の1953(昭和28)年の頃から、戦後のフイリッピン市場開拓に努めて
いたが、生糸、毛織服地、綿傘地を初め、一流のメリヤス工場向けに敷島紡績、富士紡績、
大和紡績などの綿糸各種を、従来の米国からの輪入を制して、本格的輸出の道をつけ、孤軍
奮闘日本製品の優秀牲を充分に認識させ、客人を大いに喜ばせた実績は貴重である。日本
外務省の月報にも公式に発表された由。之は渡辺吉之助大先輩、村田季堆先輩たち、太平
洋鉱業・商事株式会社の並河栄治郎社長(故人)らの誠に適切な有り難いご指導を戴いた
賜物であると、今も尚、深く感謝している次第。                  
 1954(昭和29)年4月15日(木)、桜の花盛りの東京(羽田)国際空港を12時35
分に、North West Orient航空機で勇躍飛び立って、沖縄(給油のため)経由で、フイリッ
ピン共和国の首都マニラ国際空港に戦後初の比国出張員として、着陸したのは20時35
分(当時はマグサイサイ大統領の夏期時間)だった。                
 常夏のマニラで、4月は本当に猛暑の真っただ中であった。全く降参の体であった。 
 日比賠償協定を締結する為の正式会談を開催する目的で、村田省蔵特別全権大使を首席
全権とする日比賠償全権團の一行5名が、日比賠償協定の日本側草案を携行して、日比両
国の正式国交回復をも目指していた。                       
 本当に偶然の機会で、その同じNWO機に席を得た私は、Manila到着まで一行と色々と
会談する幸運にも恵まれ、他に同乗していた乗客は、もう一人の日本人(某社の技術者)
だけであった。                                 
 4月29日(天長節)の佳き日には,大野駐比公使の公邸で、村田全権大使らの一行と、
10人足らずの日本貿易商社代表らと商談の苦労話などを含めて楽しく懇談する機会にも
恵まれた懐かしい思い出が頑に浮かぶ。                      
 比国Ramie(苧麻)原草を輸入して東京麻絲紡績、日本繊維工業が麻製品に加工し、輸出
(返送)する苧麻委託加工貿易契約の実施が大成功して、関係者一同に大変喜ばれたのは、
輸入部次長・佐津川真類課長(故人)の優れたご指導のお陰と深謝している。     
 1957(昭和32)年から1958(昭和33)年8月までのマニラ駐在期間中には、 
Pasay市のMEDREY Corporationの蚊帳製造工場創設や、ARROWKnitting Factoryを軌道
に乗せる大成功への道を、日夜に亘ってお手伝い出来た大きな喜びも、連日奮闘した結果
であると、今更の如く、有り難く噛み緊めている今日この頃である。         
 当時の商談の相手の内、数人とは今尚、文通が続き、親交を深めて、日比両国の親善に
大いに役立っている事実は嬉しい限りである。                   
 今回の村山富市首相の8月23日(火)から25日(木)までの3日間に亘る比国への親善
訪問は、両国間の特に経済友好協力、提携など、将来に向かって多大の責献となる事を心
から期待し、本当に喜ばしい実績であると信ずる。                 
 マニラ湾に沈む夕暮れ刻の燃えるような、豪快・荘厳な夕陽の素晴らしい美しさは生涯
絶対に忘れ得ない懐かしい思い出の光景である!!




写真 1957(昭和32)年
 MR.MEDRANO(MEDREY CORPORATION社長 後列中央)その左筆者



マニラでのスナップ



この画面を閉じてください

サイトマップ ホーム> 思い出あるばむ > 「のんちゃん」って!? > 梅田界隈
   

平成12年 9 月28 日(2000)

Copyright 2000 Non-Chan Osaka,Japan