初めての「甲種輸送」撮影
〜秋田新幹線 E6系〜

2013(平成25)年6月21日(金)


川崎重工兵庫工場から秋田新幹線のE6系(スーパーこまち)の甲種輸送が行なわれました。

台風4号と梅雨前線の影響で、あやしい天気。しかし、台風が急速に衰えていったので、思い切って出掛けました。


列車は、尼崎を過ぎてから北方貨物線に入り、新大阪から吹田へと走って行きます。
五年前の"さよなら 銀河"の時に調べた北方貨物線の踏切や十三筋から狙う手もあるなと迷いました。



雨は弱くなっても止むことはないだろうから、歩く距離の短い所ということで、新大阪〜東淀川の跨線橋(日之出跨線歩道橋)にしました。
勿論、この場所での撮影は今回が初めてです。

地下鉄新大阪駅からはJRの東口が便利なのですが、新幹線ホームが新設され、北側がどう変わったのか、そして、北方貨物線が新幹線高架下から出て来る辺りの状況を知りたくて、御堂筋に出ました。
また、地下鉄から新大阪駅の一階に下りて、旧梅田貨物線沿いに高架下を北側に出る方法もあります。


新大阪駅北側から西を望む

 
2005(H17)0310 撮影


阪急の乗り入れはいつのことでしょうね


大阪市交御堂筋線

ここから少し北にある歩道橋を右折れし、東に向います



横断歩道を渡り、地下道出入り口を過ぎてから振り返りました
新幹線高架下を潜り、北方貨物線の踏切を渡って
来ると、車の後ろにあるT字交差点に出て来ます




ここはやはり、在来線のホームからですね


それでは、北に向って歩いて行きましょう


下りの貨物列車が通過して行きました


今度は、上り貨物が


中央奥に東淀川駅が見えます


踏切が長時間閉じていると人も自転車も・・・




東淀川・吹田方面の眺め


この架線横桁が・・・




先客様が三名、いらっしゃいます


新大阪・大阪方面の眺め


14時前に撮影現場に到着

先客様に、「ここで撮るのは初めてです」とご挨拶を

傘を差すほどのことはないのですが、写真機が濡れるので畳むわけにはいきません

跨線橋を東に行き、北方貨物線を見ましたが、やはり東海道線の架線柱などが邪魔


これまではコンデジ撮影でしたので、本番用の重たい写真機を取り出して・・・


   
普通新三田行・新快速長浜行 右は梅田貨物線   普通高槻行・はるか18号・新快速姫路行


そろそろ来るかなと北方貨物線の新大阪方面を凝視

暗闇に二つの光が


来たぁ〜!!


急いで写真機を向けましたが・・・



ピンボケは仕方ないですね 傘ですか 勿論、差したままです









吹田までは、DE101574の牽引です


この後、急いでズームを引いて撮ったのが・・・

この間、僅か1秒


左にちょっと傾いていますね(苦笑)

先頭車両が撮れているので"良し"とします



この写真の後、八枚 時間は40秒

綺麗な色の屋根が通り過ぎて行きました


おっ、屋根に黄色の線が パンタグラフはこんな感じか


ということで、その内の何枚かをご覧ください













後追いを撮るために、急いで跨線橋の北側へ

慌てて、構えたのですが・・・



あの架線横桁が邪魔をして、立ったままでは無理

しかし、跨線橋の欄干はこんな感じですからね



振り向いたときは、後部標識がしっかりと見えたのですが
しゃがみこんで撮った写真は・・・


水平は取れていないし、ピントは架線横桁に
当然、無残なものでした


列車が遠くに行くので、今度は立って撮りましたが・・・


跨線橋の手摺がまだ邪魔でしたし、列車は架線横桁に被って



やはり、雨降りで風があったので、後追いは無理ですね。

お天気がよければ、しゃがみこんだままでズームを押して狙うこともできるとは思いますが。

こうして、初めて挑戦した甲種輸送撮影は終わりました。


ご覧のようにDE10が牽引していますが、吹田からは電気機関車となり、東海道本線・高崎線・上越線・信越本線・羽越本線を経由し、二日後の午後、秋田に。


ところで、この時の列車速度はどれ位なのでしょうね。

推測 その1

 E6系の先頭車を撮ったのが14時11分42秒
 最後尾の七輌目を撮ったのが11分51秒
 全長は140m強ですから、50〜60km/h

推測 その2

 新大阪の高架下を出た直後の写真は、11分32秒
 10秒程で跨線橋まで走って来たことになります
 地図で列車の最初の位置を推定すると跨線橋まで170mくらい
 すると、60km/h

ということで、時速60kmで走行していたことにします(笑)。



この後、梅田に用事があったので、新大阪へは戻らず、東淀川駅のホームの様子を偵察に行くことにしました。



東淀川駅のホームには撮影を終えた人達が


快速網干行 おおさか東線の工事が本格化するとどんな姿になるのでしょうね


ひかり524号 (700系)



ここで、本務機は入庫しました

 
   



地下道を通って下りホームに


















邪魔物がなくて、いいですね
後追いもバッチリ!

でも、陣取りが大変ですよね、きっと




それと、左写真のように外線の列車が被ったり
貨物列車が来る場合もありますからね





ホームの南端


邪魔物がなく、なかなかいい撮影場所ですね

問題は、下り外線や貨物列車の通過

運は天に任せますか





神崎川を渡り接近する普通新三田行
ということで、下りホームに参ります



 




NゲージのDE10は持っているので、E6系を買って、甲種輸送を再現してみるかな。でも、標準軌を走るE6。狭軌で輸送しているので、仮台車を履いているんだよね。そこは、目を瞑る!?

いや、高速貨物用の台車を履いているので、TR203に交換してみるかな。
これだと、電動機付きの七輌編成を購入するのはちょっと勿体無いですよね。
ならば、Bトレにしようか。でも、E6はまだ出ていないな。E5を塗り替える、それとも発売を待つ!?

まあ、あれこれと思いを巡らす楽しみもできた、初めての甲種輸送撮影でした。


また、こんな機会があればね!


7月26日の二回目の「甲種輸送」撮影(東淀川駅でのE6系Z13編成)は、こちらです
10月1日の三回目の「甲種輸送」撮影(東淀川駅での733系)は、こちらです
10月18日の四回目の「甲種輸送」撮影(赤川鉄橋でのコキ107形)は、こちらです
12月3日の五回目の「甲種輸送」撮影(寝屋川橋梁を往く「Smart BEST」は、こちらです



サイトマップ ホーム > 鉄道と船 > 初めての「甲種輸送」撮影




作成 平成25年 6 月27日(2013)

Copyright 2013 Non-Chan Osaka,Japan