水陸両用バス かっぱ号

2007(平成19)年6月20日(水)
Photo by MTさん

東京一極集中、中部圏の躍進の中で、地盤沈下が続く関西圏。その中心・大阪の復権の一環として、水の都を復活させるべく「水陸両用バス」がこの5月、国土交通省近畿運輸局から本邦初となる運送事業許可証(通称青ナンバー)を交付されました。12月からの本格運行を前に、6月19日から月末での15日間、そのお披露目ツアーが実施されました。
20日にお仲間と四人で参加されたMTさんが、デジカメショットを送って下さいましたので、ここにご披露します。


通称「かっぱ号」は37人乗り
全長12m 幅2.5m 高さ3.5mの車体はダンプカーを改造して造られた



スクリューが落下しないよう、ベルトが擦り切れていないか、しっかり点検してね


なんばパークスを出発、でんでんタウン(日本橋)から堺筋を北上
堺筋本町から中央通を東進 法円坂で左折し、右に大阪城を見ながら北上
天満橋交差点を右折して、桜ノ宮・銀橋北側の大川端に到着



帝国ホテルを目の当たりに、よいよ進水です

最高時速15キロで水上を!



桜ノ宮・新銀橋(手前)と銀橋
大川の上流から下流方向(北から南へ)



大川を下っています
2ヶ月ほど前、ここは桜が咲き誇っていました 「通り抜け」その場所です



川崎橋は一本主塔の斜張橋
その向こうは、天満橋界隈

昇降用の階段と救命浮き輪が見えます
(左の女の子と中央男性の顔は細工しました)


天満橋を潜ると向こうに中之島が見えてきました
この辺りでそろそろ引き返しです





京阪寝屋川橋梁の向こうに大阪城が


銀橋を潜ります


天満橋を潜り暫くすると・・・


折りしも、伊丹に進入する飛行機が





陸に上がった「かっぱ」 まだスクリューが見えています  そして・・・






暫し休憩の後、かっぱ号は出発地のなんばパークスへ




こうして、本邦初の水陸両用バスツアーは終わりました
皆さんも機会があれば、是非一度、体験してみて下さい

 

サイトマップ ホーム > 鉄道と船 > 水陸両用バス かっぱ号


作成 平成19年 7 月28日(2007)

Copyright 2007 Non-Chan Osaka,Japan