・ 電 車 ・ 飛 行 機 ・陸 そして 空

2002(平成14)年2月24日(日)





2月のはじめ新聞で、超豪華客船が大阪港に初入港するとの記事があった。シンガポールからロスアンゼルスへのクルージングの途中、那覇から大阪に7時半に入港、21時に出港しホノルルへ。
その船は、10万8806トンの「スター・プリンセス」である。11万トン級、その大きさは想像がつかない。ただ、頭の中では、昨3月、神戸で見た「クイーン・エリザベス2世」が7万トンであったことから、その大きさは凄いだろうと・・・
 
大阪港の碇泊場所は、天保山桟橋。大阪の観光名所「海遊館」はこの桟橋のすぐ傍にある。この桟橋は昔から客船の碇泊場所で、かつては、関西汽船の別府航路や高知航路などの発着場として賑わっていた。市街から来た大阪市電は、右図の様にループ線を、現在の中央突堤の方に走り、右折し暫く走ると更に右折。築港停留所を降りると天保山桟橋は目の前であった。
敗戦後、大阪空襲で市街からの市電は一時運転を休止していた。母の郷里・高知への往復時に、市街から一里の道を手を引かれて歩いたものだ。
現在、天保山桟橋からは、四国・徳島や淡路・津名への高速船が出ている。

天保山のいわれは・・・
天保山桟橋のある安治川は、江戸時代に交易の中心であった大坂に諸国の船が出入りするために掘られた人口の川である。上流からの土砂で川底が浅くなり、船の航行に支障をきたし、天保2年(1831)にそれを浚渫(しゅんせつ)し、その土砂を積み上げて出来たのが天保山。
当時は、20〜30mの高さがあったらしいが、その後の掘り崩しや、昭和期に入って地下水汲み上げによる地盤沈下で低くなり、現在は4.5mである。
この天保山は、日本で一番低い山として国土地理院の地図に掲載されている。近くに登山証明を発行してくれる「天保山山岳会」なるものがあるので、興味のある方は、検索なさってみては如何でしょうか。

斯く云うわれわれは、またの機会にということで・・・


練習帆船の新旧「日本丸・海王丸」をはじめ幾多の船をこの桟橋で見、撮ったが、とてもとても全姿を収めることは出来ない。
そこで、7時前に中央突堤に行き、入港してくるところを、桟橋へ移動してアップを、その後安治川の渡しの渡船上から、最後は渡船を降りてからと、心積もりをした。


当日、5時前の起床。5時半に家を出て、本町で中央線に乗り換え。車内はそれらしき人が結構乗っていた。大阪港駅には6時半過ぎに着いた。それらしき人達は皆さん、天保山桟橋に向かい、中央突堤に歩を進めるのはわれわれ二人だけであった。
歩くこと、10分。いるいる、三脚が並んでいる。赤白の大阪港灯台が見え、船が行き交っている。
おっ、左の赤灯台に重なって見えるのが、スター・プリンセス!? じっと目を凝らす。ゆっくりと動いている。間違いなさそうだ。





赤い灯台の向こうに小さく見えていた「Star Princess」が
ここまで来るのに10分近く経ちました。(6時55分頃)
左右に並ぶ赤と白の灯台は、大阪港への入口で「大関門」と
呼んでいます。



大関門を通り大阪港に入港 消防艇からの歓迎のカラー放水です(7時過ぎ)
(拡大写真はこちらです)



大きい!! 喫水線上、10階建て以上です
(拡大写真はこちらです)



もう直ぐ接岸(7時25分 接岸は7時半)
右は海遊館と大観覧車 後ろは阪神高速道路5号湾岸線・天保山大橋



後部展望台は14階?
岸壁のバスと比べて見てください



見上げる! 高い!!
(拡大写真はこちらです)



船首付近



安治川渡しの渡船上から 左は天保山の大観覧車
(拡大写真はこちらです)


水上バス・USJ前乗船場
船の後ろはWTCコスモタワー
(拡大写真はこちらです)


(3月3日追記)
このページをアップした日の深夜、こんなニュースがラジオから流れてきた。
三菱重工業・長崎造船所で2日、世界最大級の客船・P&O社の「サファイア・プリンセス」(11万3000トン)の起工式が行われた。完成は2004(平成16)年5月の予定。なお、長崎造船所では姉妹船の「ダイヤモンド・プリンセス」を昨年6月に起工、2003(平成15)年7月完成の予定。

ダイヤモンド・プリンセスの諸元
・全長:290m ・幅:37.5m ・高さ(水面上):54m ・船速:23knots
・客室1337室 ・収容乗客:最大3100人

この船は、最新の推進機関や海上廃棄物処理システムを導入しているほか、客室の70%以上が海側にあり、その75%以上が専用バルコニー付きである。流水プールをはじめ合計6つの各種プール、3つのメインダイニング、2つのサブレストランおよび24時間営業のレストラン、3つのショーラウンジなど充実したパブリックスペースが配置される。

*P&O社の正式名称:The Peninsular and Oriental Steam Navigation Company



        


サイトマップ ホーム > 鉄道と船 > ・電車・飛行機



Copyright 2002 Non-Chan Osaka,Japan