縮小するのに縮センとはこれ如何に!?
画像縮小専用ソフト(縮小専用・フリーソフト)



はじめに、画像ファイルの基本的なお勉強を



この写真は、ネット仲間のあおっくんが関西空港で撮られたもので
「ある籠屋さんの離陸」頁を飾っています エエのん、おおきに!

写真をネット経由で届けてくれたよって、IE画面からの取込みを

それが、左の"・・・.bmp"となってるやつ それを"png"と"jpg"に
変換してサイズ(保存容量)を比べたんやど、何んか気ぃ付いた!?


この写真の大きさは、2304×1728ピクセルやから、全部で
3981312個(凡そ4百万)のつぶつぶで出来てるいうこっちゃ

二つの写真な、真ん中と右はサイズが違うのに、左のbmp形式は
同(お)んなじ11.3MBやな 色合いが違う(ちゃう)ねんさかいに
写真のサイズかて違うのん、当たり前と違うんかいな? そやろ!

それからな、4百万のつぶつぶから出来てるんやろ そやのに何で
千百万(11.3MB) なんや ほんまに、訳分からんことだらけや



それでは今回は、その話から起こしていこうと考えます
これって、某局の「その時、歴史が動いた」調やでぇ


これ、紫式部 綺麗やねぇ
この写真(画像)を題材に使うよってに



◇単色表現

画像を保存するための最初の形式は、
ビットマップ(Bit Map)形式やねん。ビットつまりは、一つのつぶつぶやね。これのマップ、地図やんか。これで、意味、分かるやろ。
初めの頃は勿論、
白黒(モノクロ=monochrome:単色画 単彩画)やんね。最近は新聞でもカラー刷り写真が多なったきたけど、まだまだ白黒が多いやんな。
白黒いうても、白と黒だけやったらどないなるかなぁ?

右のんがそやねんけど、折角の紫式部が台無しやがな。白黒、つまりは、あっ、コンピュータて2進法やいうこと、知ってるやろ。2進法いうのんは1桁に「0」か「1」しかあれへんねん。世の中でよう使われてる10進法は「0〜9」の10通りの値が示せるやろ。そやさかい、ホンマもん(?)の白黒やったら、「0」が『白』で、「1」が『黒』やな。そやよってに、それで写真を現したら、右みたいになってしまうねんな。
 
そやさかいに、白黒は、字ぃしか示されへんいうこっちゃんか。
これかて、下にちょっと付けとこかな。



ところでな、白黒とかモノクロていうねんけど、みんなの頭の中には無意識に「灰色」、つまり、白と黒の中間色やな、これがあるのん、当たり前と思てるのん違うかなぁ。新聞の写真かて、色んな「灰色」があるよってに、巧いこと現せるんやんなぁ。そないいうたら、今は写真いうたらカラー写真のこと、指すんやけど、モノクロ写真て、見たことあるんかな。

この灰色表現かて、何段階(階調)にするかによって、えらい変わってしまいよるで。当然、昔はその階調が少ないさかいに、細かいとこがよう分からんかったんや。下にその違いが分かるように、貼り付けとくわな。
240×180
16階調(4ビット)
21,718バイト

240×180
256階調(8ビット)
44,278バイト
それぞれに括弧してビット数を書いたあるんは、それぞれの階調を表現するために必要なビット数なんや。つまりは、2進法の桁数やな。4ビットは4桁、8ビットは8桁いうことで、下に十進数と対応させたのんを書いてるよってな。

画像の大きさは「240×180」やから、43200個の粒粒やな。言い換えると43200ビット。上にある白黒画像のサイズは5822バイト。

えっ、ビットにバイト!? 何のこっちゃ!? よう分からんって?

バイトいうんは、ビットの塊で、8ビットが1バイトなんや。覚えといてな。
そらからな、43200ビットを8で割ったらエエねんさかいに、5400バイトやな。これに、ファイル名や何時保存したかやなんかのいろんな情報を加えて、上に書いた5822バイトになるねん。分かってくれたかいな。


16階調のモノクロ表現

位⇒8 4 2 1

0:0 0 0 0
1:0 0 0 1
2:0 0 1 0


13:1 1 0 1
14:1 1 1 0
15:1 1 1 1
256階調のモノクロ表現

 128 64 32 16 8 4 2 1

0:0 0 0 0 0 0 0 0
1:0 0 0 0 0 0 0 1

127:0 1 1 1 1 1 1 1

253:1 1 1 1 1 1 0 1
254:1 1 1 1 1 1 1 0
255:1 1 1 1 1 1 1 1

10進法やったら、一の位、十の位、百の位っていうやんか。2進法は、倍倍倍で桁上がりするよって、1の位、2の位、4の位、8の位、16、32、64、128、256、512、1024、2048、4096、8192、16384、32768・・
切り無いさかい、止めとくわな。
別の言い方したら、2の0乗、2の1乗、2の2乗・・・で、1024は2の10乗、32768は2の15乗、2の20乗は1,073,741,824(十億・・・)

2進数の勘定の仕方、麻雀やる人はお得意やんな(笑)。


16階調の画像サイズが、21,718バイトになってるやんか。 粒粒の数は、白黒と同んなじやけど、16階調を4ビットで覚えてるやん。そやさかい、計算は、240×180×4/8のバイトやね。これ、計算したら、21600ビットになるで。総サイズとの差は、さっきと同んなじように、ファイル名やらの画像情報が詰まってるんやけど、同んなじバイト数と違うね。その辺りのことは、まあ、ええやんか(苦笑)。

256階調の方は、やってみてな。





◇多色表現

そしたら今度は、「色付き画像」の話、しましょか。
映画、もう長いこと見に行ってないけど、あれはモノクロの音なしで始まったことは知ってるやろ。音、無いさかいに、物語は「弁士」が語り、音楽はオケボックスの楽団が演奏。化石人間やいうても、こんなん実際には知らんへんで。ほんまやがな。
無音無色の映画が、トーキーという名で音付きの映画となって、それまでの映画のことを「無声映画」っていうてん。ほんで、弁士の仕事が無くなってしもたんやけど、その後も見事な語り口を披露してくれたんが、徳川夢声さん。知ってる人も結構いてるやろ。「それを見た武蔵は、『小次郎、敗れたり』と・・・」ってね。

その後、映画が色付きになったときなあ、「総天然色」いうて、エライこっちゃった。米国は、第二次大戦時の戦時記録の撮影かて、当時はまだまだ高かったカラーフィルムをふんだんに使いよった。こんな国に勝てる訳、あれへんわなあ。色付き映画を初めて見たんは、小学校の映画鑑賞会や。映画館、貸切でな、ウォルト・ディズニー作品の「砂漠は生きている」や「海底2万哩」や「小鹿のバンビ」なんか、ほんまに綺麗(きれ)かったで。その頃、未だテレビはあれへんかった。夏の夜、小学校の校庭に大きなスクリーン立てて、野外映画会(?)あったやろ。見た映画、よう覚えてへんけど、おっちゃんがブランコに寂しそうに乗ってるとこが頭に残っててな。後から分かったことやけど、「生きる」の「志村 喬」さんやった。勿論、モノクロの映画や。
えらい、脱線してもろてからに。毎度のことやけど、スンマヘン <(_ _)>


コンピューターが色を扱い始めて、一つひとつの粒粒のことを「ピクセル」と呼ぶようになってんけど、どんな風に色が記録されるか知ってる?
そう、そうやねん。「三原色」や。まさか「みはらいろ」なんて読まへんかったやろね(笑)。三つの色の組み合わせやさかい、「さ・ん・げ・ん・しょ・く」。

テレビやパソコンの画面、プロジェクター、デジカメなんかは、「」がその三原色で、これを「光の三原色」いうてんねん。英語の頭文字を取って「(アールジービー)」ということもあるさかい、聞いたことあるん違うかなあ。この三つの色を重ね合わせたら何色になるんやろか。
そうや、『
』や。お陽さんの色や。これ、ごつう大事なことやで。

もひとつの三原色、色の三原色(変な云い方やけど)、そや、この方がスッキリするな、「
絵の具の三原色」。これを重ねたら『』になるねんで。絵ぇ描くときな、この色違うなあ、こんな色違うわと、どんどん色、混ぜていったら、だんだん暗ろなってしもた経験、あるやろ。あれや。絵の具を混ぜていったらだんだん黒なる。これかって大事なことやね。あんじょう覚えといてな。

パソコンでいろんなもん、印刷することあると思うねんけど、画面で見た色と違てるやんと思たこと、誰でもあると思うねん。これはな、原図の色が画面の輝度によって、明るい方に、あるいは暗い方に偏っていることがあるのが原因かも知れへんな。プリンターへは原図の色が色のコードで送られるよって、当然違うはなあ。それとな、光の三原色を絵の具の三原色に変換するときに微妙に変わりよることも考えとかんとあかんと思うで。色のコードが送られてきたプリンターは、絵の具を混ぜ合わしてその色、作るやん。発色度が微妙に違うねんな。特に安もんのプリンターはな。安もん言うて、カンニンや。こちかて、安もんやがな。
ほんで、印刷する紙の質かて、えらい影響するやんな。写真印刷をしょっちゅうするんやったら、やっぱし、ええプリンターとエエ紙、使わんとあかんな。

あっ、肝心なこと忘れとったがな。絵の具の三原色は、「」やねん。光の三原色と違うのは、に変わることやね。

三原色は、赤緑青や赤黄青だけと違ごて、混ぜて白に、あるいは黒になってらエエねんさかい、最近のプリンターは、他の色の発色のことも考えて、例えば、マゼンタ(赤むらさき)イエロー(黄)シアン(青緑)を使こてるよってに。自分の使こてるプリンター、いっぺん、見てみ。
(大阪弁は、自分自身のことを「こっち」なんて言うて、相手のことを「自分」と)

最近は、5色とか6色のインクを使こてるのんがあるけど、あれは微妙な色合いを出すための工夫で、混ぜたら暗なるよって、絵の具の方でエエ色に予め作ってあるいうことやろね。


さやさかいに、BMP形式の保存容量は、一つずつの粒粒を確実に記録してるよって、別の物を撮った写真でも、大きさが同んなじやったら、容量も同んなじになること、分かったやろ。
今は、256階調が一般的やから、1バイト(8ビット)を使こてるねん。そやから、色付きの場合は三原色やよってに、その三倍の3バイト(24ビット)やね。1色が256階調(色)やから、その3乗の16,777,216(凡そ1668万)の色表現が出来るちゅうことですわ。
そやけど、めちゃめちゃ容量、喰うことは、一番最初の飛行機の写真でお分かりの通りですわ。




◇圧縮保存

ビットマップは、一つずつの粒の色の並びを保存してるんは、今までの説明で、多分、分かってくれたんと違うかな!? 難しかったら、ゴメンやで!
例えば、
 1行目:白白赤赤赤白白白青青青青白白白白茶茶茶白白白空空空空白白白白灰灰灰灰灰灰灰灰灰灰白白
 2行目:白赤白白白赤白白青白白白青白白茶白白白茶白白空白白白空白白灰灰灰灰灰灰灰灰灰灰灰灰白
 3行目:白赤白白白赤白白青白白白青白白茶白白白白白白空白白白空白灰灰灰灰灰灰灰灰灰灰灰灰灰灰
 4行目:白赤白白白赤白白青青青青白白白茶白白白白白白空白白白空白白茶緑緑緑緑茶茶茶茶茶茶茶白
 5行目:白赤赤赤赤赤白白青白白白青白白茶白白白白白白空白白白空白白茶緑青青緑茶青青茶青青茶白
 6行目:白赤白白白赤白白青白白白青白白茶白白白茶白白空白白白空白白茶緑青青緑茶青青茶青青茶白
 7行目:白赤白白白赤白白青青青青白白白白茶茶茶白白白空空空空白白白茶緑緑緑緑茶茶茶茶茶茶茶白
となるねんけど、これ、何を表してんねんやろね。謎解きは、あとでな。

これ、同んなじ色が続いてるとこ、ようけあるやんか。そやさかい、こんな表し方したら、どやろか。
1行目:白二つ、赤三つ、白三つ、青4つ、白四つ、茶三つ、白三つ、空四つ、白四つ、灰十う、白二つ
2行目:白一つ、赤一つ、白三つ、赤一つ、白二つ、青一つ、白三つ、青一つ・・・
文字で書いたら、この方が字数が多なるみたいやけど、実際は、色の部分は三原色、つまり三つの色それぞれの明るさの度合いの情報がある訳やから、全体の情報量は少のなるはずと違うかなあ。

こんなんを、圧縮するっていうんやけどな、これもあっちこっちでいろんなやり方が研究されとって、現在、「GIF」と「JPEG」が一番よう使われてんねん。知ってるやろ。

■GIF(Graphic Interchange Format 拡張子:gif ジフ ギフ)
・米の「CompuServe(パソコン通信会社)」が画像交換用に開発
 圧縮方法の特許を「Unisys社」が持っているため、GIF対応のソフトの販売/配布には
 ライセンス料が必要
・256色を表現 色合いの数としては少ないため、微妙な色表現が不可
・背景部分を透過すろことも可能(透過GIF)
・上記の理由から、イラストによく使われる
・特殊機能として、複数枚の画像を一定の時間間隔で連続的に表示出来る
 (擬似動画 ジフアニメ)
 元画像はJPEGやPNGでもよく、拙サイトで多用している

■JPEG(Joint Photographic Experts Group 拡張子:jpg ジェーペグ)
・ISOによって設置された専門家組織の名前がそのまま使われている
・デジカメ写真でお馴染みの保存形式
・加工して保存すると滲みが出る欠点がある 特に文字を被せると酷い

■PNG(Portable Network Graphics 拡張子:png ピング ピーエヌジー)
・GIFの特許絡み問題回避する代役として普及し始めた保存形式
・JPEGのような滲みは出ない
・大きい画像の場合、保存容量が増大 逆に小さな画像は時として、他のものより
 小さい容量で済む


保存形式の比較
右側は拡大画面
BMP
129,654バイト
この鮮明さが・・・
GIF
 19,951バイト
粗い 文字を透過に
JPEG
 12,653バイト
滲み 特に文字周り
PNG
112,359バイト

鮮明な画像も容量大

こんなんみたいにそれぞれに特徴があるよって
それを分かった上で、上手いこと使い分けてな




■上のBMPは
     ┌──────────────────────────────────────────┐
 1行目:|
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 2行目:|
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 3行目:|
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 4行目:|
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 5行目:|
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 6行目:|
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 7行目:|
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
     └──────────────────────────────────────────┘



それではいよいよ画像を縮小してみたいと考えます
縮専の説明まで、あと数分


下の図のように4通りの方法で元画像を
50%(面積では25%)に縮小しました


元画像(JPEG)
480×360


縮小(1)
240×180


縮小(2)
240×180


縮小(3)
240×180


縮小(4)
240×180


綺麗と思う順に並べてみて下さいね



明石海峡大橋の本州側主塔頂から








大 阪 城 の 桜








雲 間 か ら








どう? 微妙? 分からん?
一つは確実に落ちるんちゃう

ほな、これ、見てくれるかな


縮小(1)


縮小(3)


縮小(2)


縮小(4)

これで、どうかいな?

3はあかんのんちゃう これ、第4位
1は全体にぼやけた感じやね 第3位

右の二つが難しいなあ!

建物がしっかりして、海が荒れてない
のが4と違うかなあ これを第1位に
残った2は当然第2位 これでどう?


もうちょっと、考えてみるかな
微妙なとこあるよって難しいね




ほな、上のようにしとこうや!!



金賞
「縮小専用」
縮小(4)


銅賞
「ペイント」
縮小(1)

銀賞
「Photo Editor」
縮小(2)


4位
「表示範囲の縮小」
縮小(3)

『縮小専用』:これから使い方、説明するよってにな

『Photo Editor』:Windowsの画像加工プログラムやから、探してみてな
 [スタート]から
 [ショートカット]見たら
  (注) Office2003からは、「Picture Manager」になりました

『ペイント』:これは、知ってやろ! 
『表示範囲の縮小』:原画を手動で縮小する場合など
      



さあ皆さん いよいよ、その時がやって参りました
縮小専用の使い方の説明です



 入手先は、下記です。
 本年4月、URLが[ a-groove.com ]から変わりました。
    http://i-section.net/software/shukusen/
 EXEファイルを保存後、それをダブルクリックすれば
 自動的にインストール作業が進みます。
 出来上がる実行モジュールは「ShukuSen.exe」です。
  【Vistaでの使用】
提供サイトには記述がありませんが、検索してみると問題なく動作するとの記述が多く見られます。そこで、Vista機導入を機に試したところ、問題なく動作してくれました。
なお、これは全てのVista機での動作を保証するものではなく、それぞれの責任で導入・使用なさって下さい。 

2011(平成23)年8月24日 追加  
  8年ぶりにVer2.0が公開されています。以下のURLをご覧ください。
 http://labo.i-section.net/shukusen-air/

使用方法は、インターネット接続環境で、「縮小専用 AIR」の『?』をクリックしてください。

なお、"Vistaでの使用"は、上記と同じです。



AIRを使われる場合も、以下を参考にしてください



 

実行モジュールをダブルクリックしたら、この画面が
画像の縮小作業がこれだけの画面だけで出来まんねん



ちょっとだけ、説明を加えときますわな

1 縮小サイズ
 7つの固定サイズと1つの自由サイズがおますさかい、あんじょう使い分けてな
 任意の大きさを指定するんやったら、自由サイズの枠の中にピクセル数を入れてんか
 左側が「横幅のピクセル数」、右側が「縦のピクセル数」や 縦横、間違わんといてや

 えっ、縦横、同んなじもん、入れんねんさかい、間違う訳ないて そらそうやわなあ

 ほんなら、何で上のんは、265×1500みたいに、アホみたいなことしてんねんな
 分かりまへんか "こら、絶対可笑しいわ"て、思てんねんやろ まあ、エエわいいな

 これの自由サイズはなあ、どっちか、小さい方に合わしてくれはりますんやわ
 そやから、上のんやったら、幅が265ピクセルで、高さは自由にしたあんねんがな

 えっ、何のこっちゃよう分からんてか!!

 例えばな、1600×1200の写真あるとするやんか 4対3の横長の写真ですわな
 これやったら、265×199にしてくれる訳やんか 4対3やからな
 縦長の1200×1600の写真やったとしたら、265×353になるいうこっちゃ

 265×265と入れてしもたら、265×199か199×265になる訳やろ
 そやけど、上のんやったら縦長でも横長でも、横幅を265にしてくれるやんか

 ほな、何んで265×353にしとかへんねんてか

 あんた、アホやなあ
 そら、横が265の時はそれでエエわいな
 そやけどやな 例えば、例えばやで 横、500の時はどないすんねんな
 計算して、500×667て入れるんかいな
 ほな、550の時はどないすんねん また計算して、550×733てやるんか

 そら、アンタは頭エエよって、暗算でちょちょっと出来るやろけど、こっちはアホやし
 面倒臭い(めんどくさい)こと嫌いやよってにな、いちいち電卓なんかよう叩かんわいな
 そやさかいに、縦は考えんでもエエように、大っきな値、入れたあるねんやがな

 やっと分かってくれはりましたかいな(笑)

 ・単位は、ピクセルでっせ(画像の粒粒の数)
 ・縦横比率は保持されるさかい、楽ちんらくちん

2 オプション
 何あ〜んも気にせんと、そのまま使こてまんねん アホやさかい

3 変換後の保存名
 元画像と同んなじフォルダの方が管理し易いよって、ディフォルト(初期値)を変更してま
 保存名は元の画像名の後(うしろ)に識別文字を追加したある方が分かり易いと思うで
 識別文字は、変換後の大きさが分かるように、あんじょう工夫しといたらエエね
 例えばな、400×300やったら、G123.jpg → G123_40.jpg みたいにな

 そやそや、エライ大事なこと、忘れとったがな アホやさかい、堪忍してんか
 変換後の画像形式な、必ず「JPEG」にしてしまいよるねんがな
 これがこいつの唯一の欠点かな 早いこと機能の追加をしてくれはったらエエねんけどな
 あっ、今のヴァージョン「1.50」ですわ

4 もっと詳しい説明は・・・
 [Help]押したら、下のような画面になるよって、勉強しいたい人は、やってみて
  エエこと、書いたあったら教えてな 頼んますわな
 
5 実際の使い方の例
 イ 縮小サイズの設定
 ロ 元画像を縮専にドラッグ&ドロップ
 ハ 縮小された画像を確認

 擬似アニメでご覧下さい


6 使用上の留意点
 縮専Windowは、新規に立ち上げると、「必ず」モニターの中央に表示される
 縮専Windowは、画像フォルダなどに比べると小さいため、後に隠れることが多い
 従って、上の擬似アニメのように、立ち上げたら直ぐに、画面の端に移動しておくとよい



縮専の使い方 お分かり頂きましたでしょうか
Windowsの画像処理プログラムについて
少しばかり説明をして、終わりたいと考えます

最後までご覧頂き、有難う御座居ました




「ペイント」


ファイルの種類、いろいろあるけど、基本が分かれば簡単でしょ


拡大も出来るし、縦横の比率や角度も変えられますね
多彩な機能を上手にお使い下さいね



不要部分を取るには、必要領域を左上に寄せた後
「変形」⇒「キャンバスの色とサイズ」を開きます


ここで、幅や高さに小さな値を掘おり込めばokです



「Photo Editor」


こちらのファイル種類も、もうお分かりになるでしょう


拡大も出来ますね 縦横比率も変えられます



不要部分を取り去るには、「イメージ」⇒「トリミング」を


「切り落とし」を使います 他の機能も試してみて下さいね



説明内容に不備がありましたら、是非お教え下さいませ
連絡先は  です
どうか宜しくお願いいたします



サイトマップ ホーム > パソコンってむずかしいネ > 縮小専用



作成 平成17年10月20日(2005)

Copyright 2005 Non-Chan Osaka,Japan