デフラグって何のこっちゃ!?



デフラグ!? そんな言葉、知らんなぁ。断片化!? これも知らんわ。フラグメンテーション(fragmentation)!? そんなん知ってる訳ないやんか。知らんかったって、別にどうってこと、ないんやろ? 大事なことやったら、"はじめにお読みください"とか、"基礎編"に書いたあるやろっ!!

何ともはや、コンピュータ、パソコンはややこしいもの。ほんまのこと云うたら、パソコンを使うための基本として、本来知っておくべきことがぎょうさん在り過ぎるんやねぇ。しかも、買うて来ただけやったら、誰も教えてくれへんもんねぇ。

例えば、本棚を考えてみましょか。新居への引越しを機会に、ある分類に従って綺麗に並べられた本棚。時が経つと共に本が増え、最初のうちは分類に従って新たに購入した本を棚に入れてたのに、空いている棚が少のうなってきて、本棚の近くの空いているとこに積み込みを始めました。数年経ってみたら、分類されて綺麗に並んでた本も、要らんようになって捨てたものやら、元の場所に戻さんと全然違うとこに紛れ込んでしもたものと様々。こうなってしもたら、読みたい、目を通したい本を探すのは至難の業、時間が掛かって掛かって仕方あれへんわねぇ。こんな経験、皆さん、ありませんか。やっぱり、ある時期を見て、キチンと並べ替えをせんとねぇ。と云いながら、気にはなってても、キチンと並べ替えをしているわたしではありません(苦笑)。

パソコンのプログラムやみんなが作ったデータなんかは、HDD(ハードディスク装置)に保存されてことは知ってはりますよね。さっきの本棚とは仕組みは違うけど、さらっぴんのパソコン(HDD)も、使こてる間に、はじめはきちんと並んでたデータがばらばらになってしもて、そのデータを読み始めても途中でちょん切れてて、続きは全然別のとこにあるという効率の悪いことになってしもてます。これを英語で「fragmentation」、訳して『断片化』と呼んでます。

今のパソコンは昔のもんに比べて、プロセッサ(演算装置)の処理能力やHDDのデータを読み書きする早さもえらい上がってるよってに、ちょっとぐらい断片化があったって、使こてはる人に影響を与えることはあれへんけど、これかて度が過ぎると、買うた時はさっさと表示されてたデスクトップ(電源を入れて最初に出て来るアイコンがようけ並んでる画面)がなかなか出て来えへんかったり、WordやExcelの立ち上げに時間が掛かっててイライラすることになってしまいます。そんな経験、ありませんか。

そんな時、ちょっと調べて欲しいんです、断片化の状況を。



どんだけ断片化されてんやろか?
 
「マイコンピュータ」を開いて、カレントドライヴ(通常はCドライヴで、ここにシステムやいろいろなプログラム、マイドキュメントなどが格納されている)の「プロパティ」を開いてんか
 
右に示されたHDDは、通称40GBで、現在約半分を使こてます。


(余談・その1)HDDの容量を見てんか。さっき、通称40GBて云うたやんか。確かに40と云う数字は見えるけど、その右には37GBて書いたあるねぇ。
半角文字ひとつを覚える単位が「バイト」。そやから、このHDDは半角文字を400億個、覚えられるねん。日本語は全角(2バイト文字)やから、半分の200億文字。400字詰め原稿用紙なら、5000万頁分やねぇ。
で、バイトを三桁ずつコンマで区切ったあるけど、向こう流にいうたら、K(キロ)・M(メガ)・G(ギガ)やねぇ。普通やったら40GBなんやけど、コンピュータは2進法を使こてるさかいに、10進法の1000は、1024になるねん。ほんで、400億を1024で3回割ると、37.2。いっぺんやってみて。


(余談・その2)今から14年前(平成2年)、100MBの外付けHDDが10万円もしてました。それでも、FDD(フロッピーディスクドライヴ)からの起動の遅さに飽き飽きしてたから、メニューからさくさく起動できる環境は魅力やったなあ。




 
ほな、「ツール」を開いてくれるっ。

画面が変わって、「エラーチェック」と「最適化」いうのが見えるやんか。


「エラーチェック」いうのんは、HDDに読み書き不能の場所が出来てへんかどうかなんかのチェックをしてくれるんやけど、ものごっつう時間が掛かります。
つい先日、バックアップ用に使こてる20MBの外付けHDDのチェックを21時に始めたんやけどなぁ、終ったんは、何と何と8時間後の29時、つまりは翌朝の5時。これには正直、参ってしもたがな。
そやさかい、やる時には、始める時間をいつにするか、気ぃ付けてや! ほんま、えらいこっちゃでぇ。
HDDの容量とCPUの性能から、凡そこれぐらいの時間が掛かりますけど、「今直ぐやりますか?」って、画面出してくれんとアカンがな。ほんまに親切心があれへんなあ。



「最適化」 ボリューム上の断片化したファイルを最適化します。って書いてあるやんか。最適化って、一体何のこと!?


まあ、そう慌てんと[最適化する]を押してみてんか。



下みたいな「ディスク デフラグ ツール」の画面に変わるよってに、左下の[分析]をクリックすると早速、分析が始まります。







で、結果は上のとおりです。
赤で示された「断片化されたファイル」、酷いことになってるねぇ。「ツール」からも『このボリュームを最適化してください。』と言われてます(苦笑)。

分析はそんなに時間、掛かれへんから、一っぺんやってみてちょうだい。



最適化、せんとしゃあないな!!

どんだけ時間掛かるか分からへんねんけど、最適化、やってみますわ。

ということで、[最適化]をクリックしました。


最適化の始まり始まりぃ〜!!
最適化前(上段)と同じ状況が最適化後(下段)に表示されます


1時間後
左の方結構連続ファイルがでけてきたねぇ それでも、まだまだやなっ
一番下のインジケータ、いっこも動けへんがな その左に1%とて出たままや
いったい何時間掛かるねん えらい心配になってきたがな


1時間半後
1時間後にはあった右の方の断片化ファイルが整理されてきたねぇ
インジケータも進みよった 28%になってるやんか
実はこれ、突然に1%から28%にパッと上がりよってん
これ見たとき、ほんま、ホッとしたでぇ


2時間後
なお30分が経過して、ここまで綺麗になったがな
そやけど、28%のままやんか また心配になってきたがな


2時間15分後
15分前にあった連続領域中の空き領域がだいぶ少のなってきたねぇ
50%になりよった そやけど、こんだけでけて、まだ半分やんか!?


2時間半後
82%や!! 真ん中の空き領域がのうなったねぇ
左端と右にある断片化ファイルを整理したらお仕舞いみたいやな


2時間35分後
おおおっ!! 最適化、完了やて 赤いとこ、3ヶ所に残ったままやで

ちょっとキチンとみてみよか


うわぁ 全然違う(ちゃう)やんか やっぱり ごっつすっきりしたねぇ


ほな、[レポートの表示]、クリックしょうか



何のこっちゃ、あんまりよう分からんけど!?



その後の断片化の進行


2時間後に分析してみたんやけど・・・


最適化後の状況と比べたら、もう変化が起こってんね



3日後の状況なんやわ
連続ファイルの位置に変化が出てるけど、その大きなもんは
ウィルスチェッカーをヴァージョンアップしたためなんや
旧ヴァージョンがアンインストールされて、新ヴァージョンがインストールされてるやん
他には、ウィルスチェッカーのデータの更新、メールの送受信もやってるしね


一週間後の様子 断片化が進んどんなあ
"砂漠は生きている"やないけど、HDD、生きとるわ!!
何のこっちゃって!? 50年も前のディズニーの映画(ええが)や


二週間後の様子 どんどん変わっていきよるねぇ


50日経過 まだ最適化する必要はないんやけど・・・


5ヶ月経過 最適化しなはれやって言うてはりますから、やりましたがな
空き領域は17.78GBから12.08GBに減っています


ファイル総数も6万近く増えています この調子だと・・・



デフラグ、分かってくれはった?
初めて「最適化」やる時は、十二分に時間の余裕をみて、やって
や!




平成18年7月9日追記
デジカメショットがどんどん空き領域を圧迫し、とうとう4GBを切りました。それに伴い、断片かも進み、何をするにしても重くなってしまいました。
そこで、ほんとうに久しぶりのデフラグをと、一昨日やろうとしましたが、データの一時保管領域が確保できないため、出来ませんでした。
そのため昨夜、デジカメショットの一部を40GBの手乗りHDDに移動し、空きを9GBに。
そして今夕、デフラグを実行しました。3時間半を掛けた結果は以下の通りです。

詳しい理由は分かりませんが、最適化(連続ファイル化)出来ないものもあるようです



お 願 い
説明内容に不備がありましたら、是非お教え下さいませ
連絡先は  です
どうか宜しくお願いいたします



サイトマップ ホーム > パソコンってむずかしいネ > デフラグ



更新 平成18年 7 月 9 日(2006)
作成 平成16年10月23日(2004)

Copyright 2004-2006 Non-Chan Osaka,Japan