差出人への返信 (最終更新 H10.04.12)

メールを受信して、直ぐに返事を出す場合、便利な機能があります。
早速、説明に入りましょう

1.返信の準備

  下のようなメールを受け取りました。
  


  ここで、左の方にある[差出人へ]をクリックしましょう。

  下のようになりましたか。
  
 

 

2.返信メールの作成

(1)宛先

ご覧のように、差出人のアドレスもしくは名前が自動的に入ります。この例では「富士 白糸」とあります。
このままでも良いのですが、既に自分のアドレス帳に「様付」で登録してあれば、それに入れ替えましょう。

  入れ替える例を説明します。
 

  「宛先」の[封筒マーク]をクリックすると、下のような画面が表示されます。
  
 


  今入っている名前をクリックし、文字を反転させ、右クリック、そして[削除]の順です。
  


  次のように削除されましたか。
  


  該当する名前をクリックし、[宛先]をクリックします。
  

  間違いがなければ、[OK]を押します。


  下のように宛先が変更されました。
  

 

(2)件名

差出人の件名の頭に、返信を意味する「 RE.」が自動的に付けられています。差出人が分かるようにこのままにしておく方が良いかもしれませんが、内容によっては、あなたが付け直してもかまいません。(注 REREturn

  ここでは、そのままにしておきます。

 

(3)本文

差出人の内容は、「> 」で示されています。この内容は、削除したり、加筆したりすることだ出来ます。

  ここでは次のようにしてみました。
  

  如何でしょうか。感じは掴んで頂けますね。

  会話形式のやり取りが記録されるため、大変便利だと思います。

 

あとは、[封筒]マークをクリックして・・  お分かりですね。??の方は、「メールの作成と送信」をおさらいです。

 

ここに示した手順は、「全員へ」や「転送」の場合にも使って頂けます。

作成 平成10年 4 月12日(1998)

Copyright 1998-2000 Non-Chan Osaka,Japan

 

 「パソコンってむずかしいネ」のメニューに戻ります