メールの受信と開封  (最終更新 H10.04.26)

メールの受信は、初期設定が出来ていれば、凄く簡単です。
「Internet Mail」の[送受信]をクリックするだけですから。
順を追って見てみましょう。

1.メール受信の準備

「Internet Mail」を起動します。インターネットの閲覧をしている時は[メール]を、それ以外の時はデスクトップのショートカットアイコンをクリックします。すると下のような画面が表示されます。
ここで、[送受信]をクリックしましょう。この時、フォルダは何になっていてもかまいません。
  

 

2.メールの受信

プロバイダーとの接続が未だの場合は、接続用の画面が表示されますので、「OK」をクリックします。
HP(ホームページ)閲覧中の場合や、会社などで専用線接続している場合は、当然、直ちに送受信が開始されます。

  ここからは、プロバイダーへのダイヤルアップ接続の説明です。
  

 

  接続状況が、下のように表示されます。
  

  何らかの理由で接続できない場合は、エラーの表示が出ます。(メールの作成と送信を参照してください)
 

  正常に通信が行われた時の表示です。「ユーザー名とパスワードを確認しています・・」 もうすぐ繋がりそうですね。
  
 


  ユーザー名などが確認されると、「送受信」の開始です。

  「送受信」が始まりました。

  送信のメッセージがあれば、まず、送信です。
  

 

  送信が終わると、つづいて、受信メールを探します。「新着メッセージ」と云う表現を使っています。
  下はその表示です。
  

 

  そして、新着のメールがあれば、下のように取り込んで、「受信トレイ」に置きます。
  チェックして、新しいメールがなければ、「新着メッセージはありません」と表示されます。
  

 

3.回線の切断

さて、メールの送受信が終わると・・・・
ホームページ閲覧中や専用線接続の場合は関係ありませんが、ダイヤルアップ接続の場合の切断方法がいろいろありますので、気を付けてください。(「メールの作成と送信」の項参照)

メールを読むのに、電話回線が繋がっている必要はありません。メール作成の時もそうですね。
電話回線が繋がっていなければ行けないのは、「送受信」の時だけです。

ダイヤルアップ接続で、ホームページの閲覧をしないでメールの送受信のみを行った場合は、電話回線が「切断」されているかの確認を必ずしてください。

 

4.メールの開封

新着メールがあれば、早速、見てみましょう。
ダイヤルアップ接続でホームページを閲覧していなければ、電話回線は切断されるはずです。確認しておきましょう。

  さて、下のように、3通のメールが届きました。

  早速読んでみることにしましょう。

  

 

  読みたいメールをクリックします。
  ここでは、「富士白糸さん」からのメールを見ることにします。

  白糸さんのメールをクリックすると、文字が反転して、本文が直ちに表示されます。
  封筒のマークも、開封のアイコンに変わりました。他の2つは未開封のままですね。
  

 

 もう1つの開封の仕方

  先程は、白糸さんのメールをシングルクリックで開封しました。

  ダブル クリックで開封すると、次のような別の画面が表示されます。
  上と見比べてみると違いが分かりますね。

  この表示はファイルが添付されている場合は特に有効ですので、覚えておいてください。
  

 

クドイようですが、「電話回線の切断」はくれぐれもお忘れのないように !

改1 平成 10年 4 月26日(1998)
作成 平成 10年 4 月11日(1998)

Copyright 1998-2000 Non-Chan Osaka,Japan

 

 「パソコンってむずかしいネ」のメニューに戻ります