メールの差出人と宛先の表示  (最終更新 H10.03.22)

下のようなメールが届きました。どこにも、アルファベットで書かれたメールアドレスは見当たりませんね。
中ほどにある差出人・宛先ともに日本語の表示です。メールアドレスは・・?

ここでは、そのなぞ解きをしましょう。

  

 

1.差出人の表示

  あなたは、もうメールを何回かやり取りなさいましたか。
  ご自分のメールが相手先の「差出人」にどう表示されているのでしょうね。おわかりですか。

  メールの設定のおさらいです。

  インターネット メールを立ち上げましょう。

  

 

  [メール][オプション]を開きます。

  

 

  「オプション」の画面になりました。[サーバー]を開きます。

  

 

  思い出しましたか。

  今、あなたの画面で「名前」はどのように記入されていますか。
  ここに記入された内容が、相手に差出人として表示されるのです。
  とても大事な項目ですから、現在のものでよいかどうか、必要であれば、適切なものに書き直しておきましょうね。

  

 

2.宛先の表示

  今度は、宛先の表示です。「アドレス帳」を開いてください。

  

 

  「姓」「名」「ミドルネーム」を入力すると「表示」欄に内容が示されましたね。この「表示」が「宛先」として示されます。
  適切な内容になっていますか。今一度、確認しておきましょう。

  

 

それぞれの設定画面で、「名前など」を記入する欄と「メールアドレス」を記入する欄がありましたね。
送信者も受信者もメールアドレスを意識しないで送受信が出来るのは、メールソフトが、この二つを連結して管理し、その場面ばめんで、
つまり、送信者・受信者の画面では「名前」を、インターネット上では「メールアドレス」を使っているからです。

 

お分かり頂けましたでしょうか。

作成 平成10年 3 月22日(1998)

Copyright 1998-2000 Non-Chan Osaka,Japan

 

 「パソコンってむずかしいネ」のメニューに戻ります