文字化けした添付ファイルの取り扱い  (最終更新 H10.03.15)

添付ファイル名は、英数半角を使用することでしたね。しかし、ウッカリして漢字混じりのファイル名で送信してしまった。こんな経験はありませんか。また、文字化けした添付ファイルが届いた経験はありませんか。

ここでは、文字化けして届いた添付ファイルの取り扱いについて説明します。

1.例として、下のようなメールを送信しました。「Word」の添付ファイル名に漢字を使っています。

  

 

2.メールを受信し、黄色い「クリップ記号」をクリックして、添付ファイルを覗いてみました。

  「Word文書」の拡張子は分かりますがが、ファイル名は、見事に「文字化け」ですね、

  

 

  試しに、ダブルクリックしてファイルを開けようとしましたが、下のメッセージが表示されました。

  

  このままでは読み取ることが出来ません。

 

3.そこで、メール自体を[名前を付けて保存]しましょう。

  

 

  ここでは、「受信メール」というフォルダに保存することにします。

  

  [保存]を押してください。

 

4.保存したメールを開けてみましょう。

  

  「Z-Proj DOC ・・・・」をダブルクリックすると、下のようにメールが開きました。

 

  

 

5.ここで、文字化けした添付ファイルに[名前を付けて保存]を実行してみましょう。

  

 

  ファイル名は下のように拡張子を「dat」として自動的に付けてくれますが、これでは意味を成しません。

  

 

  これを、メール本文にあるように「Z仕様.doc」と変更して保存します。

  

 

6.「受信メール」フォルダを見てみましょう。Word文書「Z仕様.doc」がありますね。

  これをダブルクリックすれば、Wordが起動して文書の内容を見ることが出来ます。

  

 

これで、何とか読めるようになりました。しかし、面倒なことですね。
こんな無駄をしないように、添付ファイル名は必ず半角英数にすることを忘れないでください。

(漢字混じりの長い名前は便利ですが、こんなところに落とし穴)

改2 平成10年 3 月15日(1998)
改1 平成 9 年 7 月22日(1997)
作成 平成 9 年 6 月17日(1997)

Copyright 1998-2000 Non-Chan Osaka,Japan

 

 「パソコンってむずかしいネ」のメニューに戻ります