は じ め て の た よ り

今年(平成10年)1月下旬、いつものようにテレホタイムにインターネットに接続しメールをチェックしたところ、「初めての送信」と題したメールが飛び込んできました。差出人名はローマ字で書いてあります。はじめは誰か分かりませんでした。本文を読んでビックリです。年に一度年賀状のやり取りをするだけになっていた旧友からのものでした。もちろん、今年も年賀状は届いていました。

今年の年賀状は初めてメールアドレスも入れて出しましたが、インターネット環境を整えた旧友は、「初めてのことで届くかどうか心配です。」との文章と共に、勤務地にあるお寺(山口県柳井市の普賢寺。俗称ワンワン寺:門の下で手を叩くと、反響して、ワンワンと聞こえるそうです。)の写真を添付して、わたし宛てに初めてのメール送信をしてくれたのでした。

早速、返事のメールを出したのは言うまでもありません。翌日、「メール成功!」と題したメールが飛び込んできました。わたしからの返信が受信できたことで、送受信の確認が出来たのです。年齢的にはコンピューター音痴・キーボードアレルギーの年代ですから、その喜びもいかばかりであったか、皆さんもきっと初めてのメールの送受信のことを思い出されるに違いありません。

そこには最近インターネット始めたので分からないことばかりなので、いろいろ教えて欲しい旨のことが記されていました。この時点では、まだ、このホームページは作成していませんでしたから、Word95で作っていた資料を圧縮ファイルで添付して送り、参考にしてもらいました。

旧友からのメールと会社でのメール環境整備とが、ホームページを作り始める大きな切っ掛けになりました。

 

さて、4月下旬、もうすぐ連休に入ろうとするある日、1ヶ月半ぶりにメールが入ってきました。今まで長年携わっていた工業高校から水産高校への転勤です。メールにはこうありました。

水産はまったく始めて、困惑状態でスタートしました。でも、海・船・魚の学校で、興味しんしんです。船もあり、魚もいる学校です」と。

――平成10年8月14日――



サイトマップ ホーム > ある水産高校からのたより > はじめてのたより

更新 平成10年 8 月14日(1998)
作成 平成10年 8 月10日(1998)

Copyright 1998−2000 Non-Chan Osaka,Japan