2010(平成22)年

『秋津遺跡』と命名されました
1月24日(日)
2010(平成22)年のこの日付のblogにも掲載しています


御所市の京奈和自動車道建設予定地の発掘現場 中央奥は二上山 左は葛城山


今までに柱が対の塀は国内では見付かっておらず、地区の旧字名を取り秋津遺跡と命名されました


飛 鳥 京 跡 の 謎
2月14日(日)
2010(平成22)年のこの日付のblogにも掲載しています


1区 中央後方に飛鳥寺


2区 後方に飛鳥宮跡
飛鳥宮も飛鳥寺も基軸が東西・南北なのですがこの発掘場所では少し東に首を振っています
何故? 飛鳥京の外郭と飛鳥寺の境界は何処? 謎解きのための発掘が新たな謎を呼びました


平 城 京 跡 東 院 地 区
2月20日(土)
2010(平成22)年のこの日付のblogにも掲載しています


平城遷都(710年)から平安遷都(794年)の間が奈良時代
この間に、6期に亘る建物の立て替えが行なわれていました


鉄釘

飛鳥時代中頃の軒瓦

奈良時代後半の軒瓦

塼(セン 古代の煉瓦)


史 跡 中 宮 寺 跡
2月21日(日)
2010(平成22)年のこの日付のblogにも掲載しています


心礎の両側(手前に走る発掘溝)に心柱を立てるためのやぐらと思われる柱穴が確認されました

模様を鮮明にするため、色調・コントラストを調整しています






甘 樫 丘 東 麓 遺 跡
3月20日(土)


左の平地は一年前に発掘されました
平地部では、蘇我氏の館は見付かっていません

初めて丘の上まで発掘し、柱列を検出
館を囲っていた可能性もあります



平地から丘に上がる所で検出された石敷きと石組溝


飛 鳥 寺 西 方 遺 跡
3月20日(土)


1区から見つかった瓦を向い合せにした土管暗渠

「槻の木の広場」と思われるの石敷き

この二つは、2010(平成22)年のこの日付のblogにも掲載しています



「相谷熊原遺跡(相谷土偶)」
縄文時代(1万3千年前)の土偶が発見されました 6月6日

永源寺ダムにも立ち寄りました
思い出あるばむ」に掲載しました 9月9日
2010(平成22)年のこの日付のblogにも掲載しています


平成OSAKA天の川伝説
7月7日(水)




2010(平成22)年のこの日付のblogにも掲載しています


大飯発電所道中記
8月26日(木)

2010(平成22)年のこの日のblogに掲載しています


越 塚 御 門 古 墳
12月12日(日)


2010(平成22)年のこの日のblogに掲載しています





旧 大 阪 府 庁 舎 跡
7月30日(土)


地下鉄阿波座近くの再開発地で、明治に建てられた二代目庁舎が発掘されました



2011(平成23)年のこの日のblogに掲載しています






薬師寺 東塔解体修理現場見学会
平成24年6月3日(日)



2012(平成24)年のこの日のblogに掲載しています



ニサンザイ古墳発掘調査結果 一般公開
平成24年12月1日(土)


2012(平成24)年のこの日のblogに掲載しています



植山古墳発掘調査 現地説明会
平成24年12月15日(土)
飛鳥時代の女帝推古天皇と息子の竹田皇子の合葬説が有力な奈良県橿原市の植山古墳で
二基の横穴式石室の入り口が土で塞がれていたことが分かり、現地説明会がありました



2012(平成24)年のこの日のblogに掲載しています


北河堀所在遺跡 現地説明会
平成24年12月22日(土)
難波宮を中心とする難波京の南限とされていた付近で五つの大型建物跡が発掘されました
南限に何故、このような大きな建物が? 南限が従来より南にある可能性がでてきました


2012(平成24)年のこの日のblogに掲載しています



2011(平成23)年

長山古墳発掘調査 現地説明会
平成25年8月3日(土) 大阪府堺市堺区

江戸時代の文献などに記されていた"幻の古墳"の
葺石が見つかりました 仁徳陵より古いものです



2013(平成25)年のこの日のblogに掲載しています


上御殿遺跡発掘調査 現地説明会
平成25年8月11日(日) 滋賀県高島市安曇川

日本国内だけでなく朝鮮半島でも見つかっていない春秋
戦国時代の中国北方地域のオルドス式銅剣と関係がある
と考えられる「双環柄頭短剣」の鋳型が発見されました



2013(平成25)年のこの日のblogに掲載しています


   

この画面を閉じてください

サイトマップ ホーム > 思い出あるばむ > デジカメショット



Copyright 2010-2013 Non-Chan Osaka,Japan