サッカーW杯 ニッポン
決勝トーナメント 進出決定!!

サッカーファンは当然のこと、にわかサッカーファンを大勢出現させたサッカーW杯。ベルギーと引き分け、勝ち点1。続くロシアには勝って勝ち点3。合計勝ち点4点のトップで向かえたチュニジア戦。負けても得点差1ならば決勝トーナメント出場権・ベスト16を手にする日本。そのキックオフは2002(平成14)年6月14日、大阪は長居スタジアムで午後3時半であった。
住之江のインテックス大阪で開かれている「ビジネスショウ大阪」出かけた帰路、長居に立ち寄った。
後半3分(16:34)先制のゴールを広島出身でセレッソ大阪の森島が。そして後半30分(17:02)、今度は中田が駄目押しのゴール。2−0で、勝利をほぼ手中に収めていた。
長居に着いたのは試合終了の10分前頃、5時を少し過ぎていた。
2002(平成14)年6月14日、日本サッカーの記念すべき日に記す


長居交差点付近(南を向いて撮る)左右が東西、背方向が天王寺



この奥に長居スタジアムがある



勝ちを信じて、安心して帰路に着く人たち!?



試合終了の瞬間!!(17:18)
ニッポン、Hグループで勝ち点7の一位で決勝トーナメント進出決定!!
良くやりました。頑張りました。
手を叩く人、電話をするひと、顔がほころびるヒト・・・



突然起こる「ニッポン! ニッポン!!」のコール



急いでアップを・・・




つい先ほどまで、熱戦が繰り広げられていた長居スタジアム



長居交差点の南から天王寺方面を望む 駐車禁止の標識がずらりと並ぶ
歩道にはスタジアムへ急ぐ自転車が



南・あびこ方面を望む いつものこの時間は車で
いっぱいのあびこ筋も、ご覧のとおりです



空には、ヘリが


共同開催国の韓国も、夜8時半からの試合に勝って、Cグループから決勝トーナメント進出を決めました。

トーナメント出場は16チーム。8チームずつが別のトーナメントで勝ち進み、決勝で顔を合わせる方式です。日本と韓国は、別々のグループになったため、勝ち進んで決勝で顔合わせ。こうなれば最高ですが・・・


頑張れ、日本!! がんばれ、韓国!!

にわかサッカーファンをもう少し続けなければなりません(笑)。

それにしても残念なことは、購入間近のデジカメ。機能を熟知しておらず、音声録音も動画撮影もできたことに、後から気が付いた。
18日(火)の宮城でのトルコとの試合に勝てば、22日(土)の準々決勝でもう一度、長居に。
その時は、音も動きもしっかりとと心より願っている。
戻って来い、ニッポン!!!


サイトマップ ホーム > 思い出あるばむ > その時、長居は!





作成 平成14年 6 月14日(2002)

Copyright 2002 Non-Chan Osaka,Japan